サモア日記

サモア大学に留学生として1年通う人が感じたことを気ままに書いています

サモアに来て約2ヶ月が経ちました


サモアに来てサモア大学に通い始めて2ヶ月が経過しました。率直な感想は『なんでサモアに来たんだろう、何してんだろう』です。朝起きて適当にご飯を食べて学校行って、何言ってるかよく分からない授業受けて帰って来てダラダラしてご飯食べてシャワー浴びて寝る。そんな生活を毎日送っています。友達もいるにはいますが、サモア語の会話に入っていこうとも思えず、元々コミュ力があるわけでもないので話しかけようとも思わず。ついでに母親とも喧嘩中で。何かを変えなければならないのは分かっているつもりです。が、やる気が起きないんですよね。しんどいです。人に気を使うのも気を使われるのもしんどい。笑顔でいるのもしんどい。サモア語でみんなが盛り上がってるのを横目にボーッとしてるのもしんどい。気を使って英語で話しかけてくれるけど、あんまりわかんないのもしんどい。完全に自分の努力不足なのは分かってはいるんですけど、かなりしんどい。
11月、ファイナルテストが終わったら2ヶ月半ほど一時帰国をしようと考えています。あと少しあと少し頑張れ自分、と毎日自分を励ましながら(笑)過ごしているんですけど、とてつもなく長く感じます。そしてこの一時帰国をめぐって母親と喧嘩中です。母親はサモアに戻って来られなくなるのではないかということを心配しているようで、帰って来ない方がいいと言っているのですが、わたしは限界です。すでに限界です。一時帰国しなかったらサモアで鬱になりそう。サモアが悪いんじゃなくて、自分が悪いのは分かっているんですけど、多分わたしにはサモアは合わない。陽気なのがいい、と思っていたけどわたしには合わない、と最近思いつつある。1回ネガティヴにはまると悪い所しか見えなくなってくる。良くないのは分かっているが、視点を変えるのは難しい。毎日日本に帰るまでをカウントダウンしながら過ごす自分も嫌だとは思いつつ、今はそれが支えだし、日本に帰ったら何をしようかな、と考える事が生きる気力になっている。そんな自分も嫌だけど、今はそれが精一杯なのです。どうしたら負のループから抜け出せるのだろう。