サモア日記

サモア大学に留学生として1年通う人が感じたことを気ままに書いています

サモアの家族

 

先日、わたしはsavaii島のサモア人の友達の家に遊びに行きました。初めてのサモア人の家の訪問にドキドキでした。基本的にサモア人ってたくさん子供を産むんです。7人兄弟くらいが平均なのかな。わたしが訪ねた友達はなんと、10人兄弟でした。多すぎぃ。
生活のことは子供が全部行うのですが、特に驚いたのは、料理は男性がするということです。(お父さんは別です、1番立場上です。)しかも男性は料理を作ったら、みんなが食べ終わるまで、食べられません。部屋の片隅で待ってて、食べている人達に『あれとって、これ作って、これ片付けて』と言われたらその通りに動くっていう感じです。言い方悪いんですけど、奴隷って感じでかわいそうに思いましたが、サモアではこれが普通なのですね。文化の違いをシミジミと感じました。また食後にみんなでテレビを見ていたのですが、ここにも男性は来ず。うーん。女性強し。ちなみに、サモア人はサモアに住んでいる人数と同じくらいの人が、NZやUSAに出稼ぎに行っているそうです。まぁサモア働くところ無いしね。
文化の違い、価値観の違いをシミジミと感じた訪問になりました。