サモア日記

サモア大学に留学生として1年通う人が感じたことを気ままに書いています

サモアを選んだ理由

わたしがサモアを選んだ理由はいくつかあるが、その中の1つの理由は『発展途上国を見てみたい、将来国際協力関係の仕事に就くことも考えている』からである。
実際にサモアで生活していると、言い方は悪いが、日本との生活レベルの差を嫌というほど感じる。日本での生活に慣れているため、サモアでの生活は非常に不便であり、ストレスを感じる。
しかし、サモア人はこの生活に慣れている。今の生活が当たり前なのだ。バスは5時までしかないし、お店も9時には閉まる、日曜日はお店はやってない、洗濯はランドリーもしくは手洗い、ネットは高いし不安定、これらは当たり前なのである。
そしてサモア人はよく笑う。いつも笑顔である。目が合えばニコッとしてくれる。
この2つを感じた時、サモアはこれ以上発展しなくても笑顔で生活できている。だからこのままでいいのではないのかと思った。もちろん、サモアよりも発展途上である国においては話は別であるが、少なくともサモアは発展する必要は無いのではないか。
より快適な暮らし、を求めるのも悪くはないが、こんなにも笑顔がたくさんある国に何を導入する??