サモア日記

サモア大学に留学生として1年通う人が感じたことを気ままに書いています

留学までの道のり

こんにちは。はじめまして。はじめてブログを書きます。

 

 

今日は、サモア大学への入学許可が降りるまでの出来事を書いていきます。

私は、大学間の交換留学を利用してサモア大学に行きます。

募集があったのは、去年の11月頃、締め切りは12月9日でした。そして、冬休み明けの1月5日に面接がありました。面接は日本語で志望動機と留学先で何を学ぶのか、また、学んだことをどう生かすのかなどを聞かれました。そして、英語で英語はどうやって勉強しているのか、自分のスキルは何か、など(緊張してたからあんまり覚えてない)そこまで難しいことは聞かれなかったと思います。

面接から1週間後、合格通知をいただき、念願の留学に行けることが決まりました。

留学に行けることが決まってから、書類集めにたくさん時間をかけました(お金も少々かかりました)。

パスポートの有効期限が切れていたので申請(16000円)、警察署に行って犯罪経歴証明書を発行してもらったり(発行には7日から10日かかります)、両親に書類を郵送して署名を書いてもらったり、ビザのお金をサモア大学に送金(US300ドル)したり(海外送金にはマイナンバーが必要です)、病院で健康診断書を書いてもらったり。英語で診断書を書いてもらえる病院は数が限られているため、早めに探すことをおすすめします。私はAMCに書いてもらいました。身長、体重など基本的な検査、血液検査、X-ray、尿検査などを検査しました(18000円)。

書類が全部そろい、受け入れ許可書とビザが送られてくるのを待つだけとなりました。

・・・。・・・。どっちも来ない。1週間、2週間と経ち、出国まで1ヵ月をきりました。・・・。・・・。こない・・・。サモア大学に3回ほど連絡をとりましたが、もう少し待ってください。と言われ、待つしかない日々・・・。そして最近ついに受け入れ許可書をいただきました。しかし、学生ビザは間に合わないようで、観光ビザで入国し、サモアで学生ビザに切り替えるみたいです。観光ビザで入国する場合は往復の航空券が必要になります。入国後、帰国の航空券の日付を変えるなど調整が必要になります。ちょっぴり大変。

住む場所は他の2人の留学生とシェアルームをすることになりそうです。どこの国の人なんだろう。

 

それと、サモア大学は7月はじまりのため、日本で通ってる大学の前期分の単位をとれるのか心配でしたが(わたしの大学は8月までが前期)、教授を1人1人まわってテストを早めてもらうor課題に変えてもらうor今期は保留にして帰国後続きから講義を受けるのいずれかにしていただきました。感謝です。

 

他にも何かあったかな・・・。あったらまた書こう。