サモア日記

サモア大学に留学生として1年通う人のお話し

学校が大変

サモア大学は日本の大学と制度が大きく異なっていて、1つの授業が週に4回あります。1回の授業は60分で移動時間や休憩時間、昼食の時間などは無く、授業が続いているととても大変です。

 

以前もすこし書きましたが、わたしは英語、環境保全有機化学の3つの授業をとっています。
英語の授業は、アカデミックなエッセイを書くことを目標としていて、小テスト、期末テスト共に物語エッセイや説明エッセイなどを書くことになります。環境保全は、海の保全マングローブ保全など、保全することの必要性などを学びんでいます。この授業は週に1回フィールドワークもあって楽しいですが、レポートもあります。そして有機化学ですが、これは日本の大学と似た授業で、反応などを学んでいます。週に1回実験があり、これもレポートがあります。
どの授業も基本的には英語ですが、たまにサモア語で話す先生もいます。笑
無意識にサモア語になってしまうらしいのですが、、、笑

わたしは、英語ができるわけでもないので、授業についていくのは大変です。大変、というかついていけていません。笑
聞き取れないので、メモもできていません。予習復習しようにも量が多くておいつきません。加えて、苦手な有機化学をとってしまったのでキツイです。笑
それでも、みんなが助けてくれるので今はなんとかなっています。これからテストがちょこちょこあるのでそれが心配ですが、、、


学生なんだから、勉強1番!!!真面目に勉強!!という目的で留学に来てるわけではないので(こんな事言ってしまっていいのかわかりませんが)色んな体験をして色々感じたいので勉強もほどほどに、色んなことを考えながら生活していけたら、と思っています。

 

以上、今日も私情ばかりになってしまいましたが、サモア大学の授業についてでした。

ルームシェアって大変だなぁ

 

わたしはサモアで2人の留学生とルームシェアをしています。24歳ガイアナ出身のマスター取得中の女の子と26歳ベリーズ出身の同じくマスター取得中の女の子です。1つの家を3人で使っていて、キッチン、シャワー、トイレ、リビングは共同で、1人1つ部屋があります。しかしこの個人の部屋、全部大きさが違っていて、私の部屋は1番小さいです、、、。せまい、、、。そして何故か壁が緑色なんですよね。壁は白がいいなぁとちょっと思います。笑 家は、蟻がたくさんいます。壁、お風呂場、キッチン、、、加えてコバエや大きいハエもたくさん。特にコバエは冷蔵庫の中にまで入って来ます。笑 冷蔵庫の中でたくさんコバエが死んでます。掃除してもしてもたまるので大変です、、、。ちなみに家は土足です。なので、自分が靴を履かないのは寝るときだけです。

サモアに来る前までは、まさか自分が黒人と生活するとは思っていませんでしたよ。えぇ。彼女達はそうですね、南米のノリと言えばいいのでしょうか。常に音楽をガンガンかけている感じです。笑 食べるものはメキシカンな感じの料理を作っている気がします。文化の違いでしょうか、夜中まで大きな声で話しているので、寝れない日も多いです。トイレも扉を閉めなかったり、流さなかったり、、、。文化の違いですかねぇ、、、。
なんでよ!!!と思う事も多いですが、2人ともとても良い人です。宿題を手伝ってくれたり、悩みを相談したらアドバイスをくれたり、私たちはファミリーだよ、ととても受け入れてくれます。良い人達がルームメイトで良かったと思っています。

 

トイレは流してほしいなぁ、、、

ホームシック

 

とてもとても久しぶりに書きます。
私情ながら、ホームシックにかかっていました。
毎日毎日家でも学校でも英語(又はサモア語)聞けない話せないというのはもちろん覚悟の上でした。なので、あまり気にしてはいませんが、それに加えて学校で苦手な分野の授業をとってしまい難しくて落ち込み。学校までの道を歩いていたら、たくさんの人に声をかけられます。アジア人というか、サモア人以外の人種が珍しいのでしょう。名前を聞く前に電話番号を聞いてくる人もいます。いきなり、好きだよ、夜一緒に寝ようとか言ってくる人もいます。無理矢理抱きしめられたこともあります。野良犬に追いかけられたこともあります。そして洗濯も洗濯機が無いので手洗い、タウンが遠いため、食べたい物も食べれず、学校も朝9時から夜5時まで授業がある日も多く、日本で通ってる大学よりも大変な生活で、日本に帰りたくて帰りたくて仕方ありませんでした。文化の違い、価値観の違いを乗り越えるのは本当に難しいです。親に泣きながら電話したこともありました。それでも、帰りたくても、自分がずっと憧れていた留学です。頑張らなくてはならない、のは分かっています。それは当たり前です。でも日本に帰りたくて仕方なかったのです。見栄とか、人目とかそういうのはもうどうでもよく、とにかく一刻も早く帰りたかった。まぁでも結局帰れないのです。なので、泣きたい時に泣いて、落ち込みたい時に落ち込んで、ひたすらブルーになって、また頑張ろうと思えた時に頑張ればいいんじゃないかな、と思いながら、自分のペースで生活しています。ラッキーなことにわたしは成績がいくら悪くても日本に返されることはないですし、ルームメイトもとてもいい人達でいつも慰めてくれます。ルームメイトの存在はとても大きいですね。

元々、メンタルが強い方ではなく、無意識にストレスを感じ、お腹が痛くなる体質で、毎朝お腹が痛くなります。昼間も痛くなります。これもしょうがないのです。しょうがないですけど、辛いですね。笑

何か良い予防法は無いでしょうか、、、。

 

以上、ホームシックにかかったお話でした。笑

授業開始

今日は授業開始日。
サモア大学では開始日にいつ授業があるのかわかるらしく、掲示板の前には人だかりが。
わたしは授業を3つとっていて、英語のクラスが月曜日の11時にあるということで行ってきました。クラスは多分7人くらい。向かい合って座る形でした。1コマ60分の授業なのですが、先生がひたすら喋っていました。わたしは4割ほどしか聞き取れず。(焦)
そもそもサモア大学のシステムがよくわからないのですが、留学生は3つ、通常の生徒は5つ授業をとり、1つの授業につき、週に3コマ程あるみたいです。しかし、先生は来たり来なかったりするそうで、特に今週は始まったばかりなので先生が来ない授業が多いそう。

そして、今日は他の日本人の女の子2人とも初めて会えました!日本人の女の子わーい嬉しいです!でもどうやら12月に2人とも帰ってしまうそうで。半年間だけになりますが、とてもとても心強いです。


今日はなんだかホームシック感が強いです。笑
初めて学校に行って友達誰もいなくて寂しくなってしまったのかな自分。とか思いながらみんなの寄せ書きやら手紙やらを見て元気をもらっています。それでも寂しいですね。でも寂しいと思える余裕がでてきたという風にも考えられますかね。笑

友達がほしい。切実です。笑

サモアの文化

7月13日
今日はカルチャーセンターに連れて行ってもらいました。アピアにあって、サモアの独自の文化を体験できます。サモアダンスを見て、f:id:samoa2017shizmizu2018:20170714120456j:imageココナッツの葉で作ったお皿で、f:id:samoa2017shizmizu2018:20170714120430j:imageタロイモとバナナと魚を焼いてパルサミをつけたものを食べました。f:id:samoa2017shizmizu2018:20170714120442j:imageタロイモはサトイモのような味がして、パルサミはタロイモの葉と玉ねぎとココナッツを混ぜて蒸したもので、味はシチューのような味がしました。見た目より美味しかったです。笑
それから今日は一緒に住んでいる友達に日本語のクラスに誘われたので行ってみることにしました。先生はJICAから派遣されている若い女の人でした。日本語の授業を英語で受けるという中々貴重な体験をしました。笑 日本語って難しいなぁと思いました。授業後に先生が話しかけてくれて、その後日本語クラスを受けていた他の中国人の先生と一緒に中国人の先生の家でご飯を食べることになりました。中国のラーメンと初めて見た果物(名前忘れた)とパパイヤとポップコーンとビールをご馳走になりました。初めてのサモアのビール!ドイツ人が作ったらしいのですが、流石美味しかったです。それから色々なお話をしたのですが、JICAからきた先生の話を聞いていると、マイペースでいいんだなぁと思えてちょっとホッとしました。やっぱ日本人がいるのは心強いですし、知り合いが増えるのも心強いです。そして帰宅。のはずが道が分からず。中国人の先生に道覚えなきゃだめだし、わからないなら外に出ちゃだめと言われて、ソーリーしか言えませんでした、、、。結局いつもお世話になっている先生に電話をして迎えに来てもらいました。そして道をしっかり教えてもらいました。もう忘れません、、、。そんな1日でした。
今日も星がとてつもなく綺麗でした。

f:id:samoa2017shizmizu2018:20170714120518j:image

授業登録

malo!

昨日は朝からアピアの中心に買い物にいきました。アピアの中心は以外と栄えてる!お店がたくさんあり、観光地って感じでした。マーケットで食べ物や日用品を買いました。野菜が高かったです。キャベツ半玉500円とか。やはり、島国、輸入に頼っているものは高いです。それからビザの発行手続き、SIMフリーの携帯を購入しました。(SAMSUNGの15000円くらいのやつ)f:id:samoa2017shizmizu2018:20170712133104j:image

 

 

そして、今日はNUSに行って授業を登録してきました。先生が日本の大学から送られてきた成績証明書を見て授業を決めてくれました。NUSでは通常5個ほどしか授業をとらないそうで。留学生の私は有機化学環境化学、英語の3個を履修することになりました。日本の大学と比べると非常に少ない。理学部の先生の中には日本語を話せる人もいました。心強い。

 

お腹が空いたのでランチへ。NUSのカフェテリアでチキンとライスを食べました。(他にもあったけど何かよくわからなかった。笑)バランスはとても悪いですが、今はただ生きるために食べるという感じです笑。f:id:samoa2017shizmizu2018:20170712132655j:image右にあるのはオレンジジュースなのですが、これ、100mlで200カロリーもあるんです。この瓶1本330mlなので、、、考えただけで恐ろしい飲み物ですね。

 

そして、帰り道にITショップに寄って、パソコンの変換プラグを購入。1000円くらいでした。

 

家に帰って一昨日から置いてある白米を見ると、なんと、大量の虫がたかっていました。サランラップちゃんとしてなかったからかな。もらいものですが、さすがに食べれず捨てました。リーナごめんなさい。後で謝ろう。

 

 

まだ学校も始まっていないので家に帰ってくると割と暇です。町も遠いし。早く学校始まらないかな。

 

 

まだサモアに来て3日ですが、軽いカルチャーショックと軽いホームシックです。笑

3ヶ月は我慢といいますが、3ヶ月とても長く感じそうです。笑

辛い時は日本にいる友達や家族とコンタクトをとって、また頑張ろうって思うようにしています^_^

fa!

 

入国

7月10日サモア時間8時27分到着
ファレオロ国際空港は思ったよりも綺麗でした。f:id:samoa2017shizmizu2018:20170711152213j:image
到着したら徒歩で空港に向かいイミグレ。f:id:samoa2017shizmizu2018:20170711152233j:imageお兄さん達が歌で歓迎してくれました。わたしは住む場所は決まっていましたが、住所を知らされていなかったためたくさん質問されましたがなんとかかわして入国。それから荷物を受け取り、空港の外で待っているであろうサモア大学の担当の方を探す。思ったよりも人が多くて全くわからない。キョロキョロしてたらカホ!!と呼ぶ声が聞こえ、振り向くと女の人が笑顔で手をふっている!!やっと見つけた!!担当のノアさんは疲れたでしょ、どのくらい時間かかったなどたくさん話しかけてくれてとってもいい人そうだと思った。お金を両替し(レート51.0239)1763.90サモアタラをゲット。f:id:samoa2017shizmizu2018:20170711152303j:imageノアさんの友人の車に揺られながら20分ほど、1年間住むであろう家に到着しました。家は共同でキッチンリビング、トイレ、シャワーにベッド付きの個室が1つもらえました。リビングには大きなテレビもあります。f:id:samoa2017shizmizu2018:20170711152305j:imagef:id:samoa2017shizmizu2018:20170711152557j:image少しお話をして、リンゴやオレンジやジュースをいただき、明日の時間を確認して今日はさようなら。